看護師求人の必要性について

 

看護師求人の必要性について考えてみます。看護師は現在、医師以上に人手不足で、地方都市でも看護師不足が深刻な問題になっています。産婦人科などは閉鎖した病院もおおく、残った産婦人科への患者の集中で、医師や看護師にかなり負担がきています。もともと夜勤もあり大変な仕事である看護師は、診療科によっては常に不足がちではありました。それが地方の医師不足によってさらに看護師も不足しています。看護師求人の必要性を今真剣に考えなければ、地方の医療は崩壊します。看護師を目指す学生もたくさんいますが、いざ就職になった時に魅力的な求人がなければ他業種に流れてしまい、再び看護士の仕事をしようと考える人は多くはありません。看護師求人の必要性を病院だけでなく、社会全体が考える必要があります。今後さらに超高齢化社会が進行し、介護福祉士、ヘルパーと連携をとる看護士の存在は重要です。少子化の歯止めにも看護士の仕事が一役担えます。出産費用の助成に加え、安心して出産できる環境づくりが出生率の増加に繋がります。産婦人科に人員の余裕があり、妊娠出産の補助がきちんと受けられるならば、出生率もおのずと上がっていきます。救命救急の対応も都市によって様々です。地方では休日の当番医がなかなか確保できず、また急病センターの廃止などによるしわ寄せが各個人医への負担となっています。看護師の求人を増やすことが、医療会全体の負担を軽減させる効果が期待できます。